関西電力

大阪の貸会議室なら関電プロパティーズTOP > コラム > 多くの企業や団体が活用する大阪で話題のセミナールーム

多くの企業や団体が活用する大阪で話題のセミナールーム

大阪でセミナールームをお探しの皆様



四季を通じてさまざまな用途で活用される人気の施設として、セミナールームの存在があります。施設の総称の「セミナー」の三文字から、使用目的を限定する会場のイメージを抱かれる様子も見られますが、幅広い用途への対応が可能な、充実の設備で人気を博しています。さまざまな業種の企業や団体が集う大都市大阪は、自ずとこうした施設に対するニーズもひときわ高く、常に多くの利用希望者がさまざまな用途で活用しています。

とりわけ人気の高いセミナールームでは、より幅広い利用目的に対応すべく、常に施設面の充実度アップにも余念がありません。いわゆるセミナーと称される各種イベントのみならず、企業の重要な会議、取引先を集めてのプレゼンテーション、社員研修会など、常に予約で一杯の状況が続いています。更には終日利用の利用者に対応すべく、ケータリングサービスを始めとする飲食関連の手配など、単に施設を貸し出すだけに留まらぬ、充実のフォロー態勢も人気の理由となっています。

プロの司会者やコンパニオンの手配、当日に必要な荷物や通信物の事前受取など、準備段階に必要なフォロー体制も万全です。あるいは当日になって手違いから必要な資料が見当たらないなどのトラブル時には、プリントアウトサービスで対応するなど、一般的な貸会場とはレベルが違う顧客対応で、多くのリピーターを増やし続けている点にも注目です。大阪でセミナールーム、あるいはこのジャンルに準ずるレンタル施設を探される際には、まずは多くの関連情報を収集の上、利用目的に沿った設備面の充実度や交通アクセスなどのチェックを行いましょう。その上で幾つかピックアップされた候補先の中から絞り込まれれば、主催者と参加者双方にとって都合の良い施設が見つかりやすくなるでしょう。



利用目的にマッチした施設を探すには



利用目的にベストマッチなセミナールームを探すに際しては、他の各種レンタル施設を選ぶに際してとは違う、独自の視点からの検証作業が求められます。ここでは、意外と見落としがちな要着目点を確認します。

一般的な企業や団体が、自組織内の各種イベントでレンタル施設を利用する場合、当日現地に赴く参加者は基本、土地勘を有する人達に限られます。社内通達で開催日時や場所を告知してさえおけば、時に仲間内で誘い合って現地に赴けます。一方セミナーなど、参加者各々が単独、しかも土地勘も薄く、まして数多くの建物が密集する大都会大阪の会場を目指すとなれば、道に迷ってしまい、開始時刻までに到着出来ないケースも十分想定されます。主催者側による事前の案内の内容も重要ですが、交通アクセスに優れ、道に迷われた参加者自身が、手元のスマホや周辺の通行人に尋ねる事で、無事に自力で到着可能なロケーションの会場の確保が求められます。

この見落としがちな諸条件をクリアするには、やはりより多くの現地周辺の方々が、セミナールームとしての会場の存在を認識している会場のチョイスが理想です。同時に参加者自身で確実に会場情報を導き出せる会場である事も重要です。

大阪で人気と実績を誇るセミナールームは、これら諸条件を満たす、第一候補会場に挙げていただくに十分値する施設です。参加者各位がより安全確実に余裕を持って会場に赴き、快適な会場の雰囲気の中、主催者が届ける充実のセミナーの内容に満足できる形が大切であり、適材適所の会場選択が、その大きな鍵を握っています。



利用先選択時のポイント



セミナーは、会場となる施設の空間が有する雰囲気が、その内容とマッチしているかどうかが重要です。例えば企業が定期的に開催する事務的な会合であれば、こうした参加者の感性への配慮に関しては、不要とは言わずとも最重要課題ではありません。しかしセミナーの場合、参加者各々が抱く価値観やメンタル面へのメッセージを届ける作業のウエイトが高く、ミスマッチな空気感の中での実施では、どれだけ優れた内容を発信したとしても、参加者側に十分に伝え切れない可能性が想定されます。こうした無意味なロスを防ぐ意味でも、セミナールームの施設面の事前チェックが欠かせません。

さらにセミナーの場合、途中休憩を挟んでの終日開催、あるいは数日続けての開催など、トータルした所要時間が長くなるプログラムも少なくありません。たとえば参加者の昼食タイムを確保したタイムスケジュールがあります。近くの飲食店は列を作っており、利用できない状態になってしまうと、土地勘が薄い参加者は食事を確保しにくいでしょう。そのためケータリングサービスを活用した食事の手配は喜ばれるでしょう。更には座席を離れて、ロビーなどで手足を伸ばせる空間や喫煙スペースが確保されているなど、オフタイムの環境への配慮も重要です。

こうしてよりベストなセミナー実施環境に必要なポイントの検証作業を進めると、自ずと候補に値するセミナールームが絞り込まれて来ます。先にご紹介した要着目点はいずれも、大阪という街に慣れて精通された主催者側が見落としがちなポイントです。会場決定に際しては、主催者側が参加者目線で確認することで成功しやすくなります。

貸会議室をお探しの方はこちら

次の記事へ

#