関西電力

大阪の貸会議室なら関電プロパティーズTOP > コラム > 貸し会議室の魅力や選び方について

貸し会議室の魅力や選び方について




貸し会議室の魅力について




企業のオフィスには会議室があらかじめ取り付けられているところも多いですが、近年のオフィスでは取り付けられていないところも増えています。会議室がない企業は会議をする場合、レンタルをすることになりますが、そこで利用できるサービスが貸し会議室です。その名の通り会議室を借りることができるサービスですが、実際に利用することでどんなメリットが得られるのでしょうか。


まず1つ目は会議をする時だけ使用できることです。自社オフィスに会議をするスペースを作ればいつでも集まって話し合うことができますが、利用しない時は無駄なスペースとして残ってしまいます。無駄なスペースができることから特に都心部では会議室を無くすオフィスが増えていますが、貸し会議室なら使用したい時だけ使うことができるので、維持に無駄なコストをかける必要はありません。オフィスから無駄なスペースを取り除きたいと思っている人は利用について考えると良いでしょう。


続いて2つ目は何をするか目的によってスペースの広さや設備などを変えられるという点です。例えば会議と言っても少人数で利用するのか、大人数で利用するのかによってもどのくらいのスペースが必要か異なります。例えば自社の会議室だと限られたスペースで全ての用途に合うように会議をすることは難しいですが、貸し会議室なら会議に合わせてレイアウトや広さを選ぶことができるので利便性が高くなります。会議によって合わせることができるので、参加する全ての人が快適さを感じられます。


また3つ目に交通の便がいいところで会議ができるのも魅力的です。例えば貸し会議室だと自社オフィスから移動する必要があるので手間がかかると言って利用しない人もいますが、基本的には利用しやすいように駅から近い場所に完備されている会議室がほとんどです。特に都心部では車を止めておくスペースも少ないので、駅から近いのはアクセスもしやすく魅力的です。このように、利用することで便利な部分や魅力的な部分が色々とあるので、近年では利用している企業も多くなっています。特にオフィスに会議室を設置していない企業は貸し会議室の利用について考えてみましょう。



貸し会議室の選び方について




貸し会議室はそれぞれの地域に存在しており利用者も増えていますが、運営会社はそれぞれ異なるので、使える会議室やサービスなども異なります。選び方は重要であるため、ここでは失敗しないよう選び方のコツについて紹介します。


まず1つ目は設備の充実についての確認をしておきましょう。例えば広い会議室ならマイクが必要不可欠です。また、大きなスクリーンやレーザーポインターなどもあると説明がしやすくなるので確認をしておきたいところです。設備は充実したところを選んだ方が便利なので、持ち込む手間を省くためにも様々な設備を借りることができる貸し会議室かどうかもチェックしておくと良いでしょう。


続いて2つ目の選び方として予約のしやすさからチェックするという方法があります。予約の方法としてはいくつか存在していますが、手間の掛からない方法としてウェブ予約をすることが可能かどうかは重要です。ウェブ予約なら電話などの手間もかからないので魅力的です。また、ウェブなら空席確認なども一目で行うことができます。できる限りウェブ予約が可能なところを選ぶのがおすすめです。


その他にも3つ目は会議室の種類についてもチェックして選ぶようにしましょう。会議室の種類は運営会社によって異なります。できる限りたくさん種類があった方が会議の用途の合わせて選べるので魅力的です。会議室の種類についてもチェックして選ぶと良いでしょう。このように、選び方が重要になるので、特に快適な貸し会議室を選びたいなら細かい部分までチェックして運営会社を選ぶことがおすすめです。



貸し会議室利用のマナーについて



貸し会議室は便利なサービスです。しかし、色々な人たちが利用することを忘れはいけません。ここではこれから利用する方のためにも最低限守っておきたいマナーについてを紹介します。


まず1つ目のマナーとして、周りの迷惑となるような騒音や大きな音をできる限り立てないことです。あまりにも大きな音を立てると周囲の迷惑となり、快適に利用することができません。実際に貸し会議室は一室だけでなくいくつか存在するので、周りの迷惑にならないよう騒音は立てないことに注意しましょう。


また、2つ目は会議に必要な道具や備品を雑に扱わないことです。例えばオプションでレンタルをする人たちもいますが、自分の物でないからと言って雑に扱う人たちもいます。次に使う人たちのことも考えて選ぶ必要があるので、なるべく大切に壊さないように扱うようにしましょう。


その他にも申し込みの内容とは異なる利用はしないようにしましょう。例えば定員が30名なのにそれ以上の人数を入れているなど、申し込みとは異なる内容だとマナー違反となりますので、申し込みの内容通りの人数やオプションの利用をしましょう。

貸会議室をお探しの方はこちら

次の記事へ

#