関西電力

セミナーをするのに便利な貸し会議室を利用しよう

セミナーをするのに便利な貸し会議室を利用しよう

大阪の貸し会議室なら関電プロパティーズTOP > コラム > セミナーをするのに便利な貸し会議室を利用しよう

セミナーをするのに便利な貸し会議室を利用しよう

セミナーをするなら貸し会議室



これからセミナーを開催したいときに、場所に困ってしまうケースがあります。例えば企業が開催しようと思っても、オフィスにそのようなスペースがないということがあります。特に都心にオフィスを構えている場合はスペースがかなり限られてしまうことが多いからです。このようなときに便利なサービスとして貸し会議室というものがあります。こちらにはさまざまな備品や設備が充実しており、会場設営はとても簡単です。スムーズに運営をすることができるでしょう。さまざまな補助サービスが用意されているのも大きな特徴となっています。

その他のメリットとしては、例えば必要なときにだけ利用することができます。1日だけ、数時間だけ利用することが可能です。あるいは数日にわたって使い続けることもできるでしょう。現在、多くの企業のオフィスには、大型の会議室や研修ルームといったものが設置されなくなっています。これらはたまにしか使わないものであり、それなのに維持費がかかってしまうからです。それならば外部の施設を借りて利用した方が良いと考えるケースが増えているのです。これによってランニングコストを削減することができます。たまにしか利用しないのであれば、こちらの方がお得になるという考え方があるのです。たとえ料金が発生したとしても、最低限の時間だけ借りることによって、トータルのコストはかなり抑えることができるでしょう。

また、貸し会議室を利用することによって、オフィス内のスペースを有効活用できるようになります。たまにしか使わない空間として会議室や研修室を設置する必要がなくなるため、そのスペースはその他の用途に使えます。このようにいろいろなメリットがあるため、企業が貸し会議室を利用するケースが増えています。



利用の流れ



実際にこれからセミナーのために貸し会議室を利用する際の流れについて紹介します。まずはサービスを選びましょう。さまざまなサービスが存在しています。きちんとニーズに合ったサービスを選択します。そうしないと必要な設備やスペースが用意されていなくて不満を感じてしまうかもしれません。いろいろなサービスがあるため、きちんと細かな条件を確かめて、納得できるサービスを利用しましょう。

また、いきなり申し込みをしても利用できるとは限りません。人気の高い場所であれば、予約が殺到していることもあるからです。まずは空室状況について確認しましょう。数カ月先まで確認できるところが多く、ウェブ上で空室状況をチェックできるところが多いため、気軽に確認できます。事前に設備の見学に対応しているところもあります。いきなり予約をするのではなくて、まずは現地で確認してみると安心して申し込めるので、良いでしょう。

まずは仮予約をすることになります。そして、本当に使用を希望する場合には本申込をすることになります。本申込をしたあとには条件を変更することができないため注意しましょう。きちんと使用日や使用時間について確認しておくことが重要です。手続きについてはネット上で申込書をダウンロードすることができ、FAXで送付できるところが多いです。またキャンセルをする場合にはキャンセル料が発生してしまうため注意しましょう。直前になると利用料金の全額を支払わなければいけないところもあります。予定がはっきりとしてから申し込みをすると安心です。そして、当日になったら使用することができます。精算については、使用後になっているところが多いです。



利用時の注意点



貸し会議室でセミナーをすることになったときの注意点について紹介しましょう。まず飲食物の持ち込みについてきちんと確認しておきましょう。これは施設ごとにルールが異なっています。持ち込みそのものを禁止しているところから、持ち込み料がかかったり、清掃量が発生するケースもあります。それぞれの施設ごとにルールが違っているため注意しましょう。

また、室内のレイアウトを変更したい場合があるかもしれませんが、これは勝手にしてはいけません。きちんと施設側に許可を取らなければいけません。そのために別料金が発生するケースもあります。事前にきちんと確かめておきましょう。その施設の防音状況についてもチェックしておきましょう。大きい声を出すケースがあるため、周りに迷惑をかけないような環境となっているのかをチェックするべきです。部屋の開場時間についても確認しましょう。予約をした時間の何分前から中に入れるのかをチェックしましょう。準備のためにも時間がかかるからです。

急遽人数が増えてしまうというケースがあるかもしれません。この場合は規約によっては料金が高くなってしまうケースもあります。事前に確認しておきましょう。喫煙については室内では全面的に禁煙となっている場合がほとんどです。喫煙コーナーの設置については施設ごとに異なります。こちらも事前に確認しておきましょう。ゴミについてはそのまま残しておいて良い場合やゴミ箱が設置されている場合、全部持ち帰らなければいけないケースなどがあります。こちらもルールを確認して、それにきちんとしたがいましょう。

大阪で貸し会議室をお探しの方はこちら

#