関西電力

大人数で会議やイベントをするなら貸し会議室

大人数で会議やイベントをするなら貸し会議室

大阪の貸し会議室なら関電プロパティーズTOP > コラム > 大人数で会議やイベントをするなら貸し会議室

大人数で会議やイベントをするなら貸し会議室



大人数で会議をするなら貸し会議室を利用する


大人数で会議を行う際は、十分な準備をしなくてはなりません。出席者が全員座れるように席を用意するだけではなく、肩書や所属する部署なども考慮して、適切な席順を考えておく必要があります。他にも、使用する資料が適切で人数分揃っていることや、どのように会議を進行するのかなどをチェックしておかなくてはなりません。毎日顔を合わせている少人数での会議であれば、少々の不手際があっても問題になることはありませんが、大規模な会議となると少しでも手違いがあると、会議の進行が滞り大きな問題となることもあります。数多くの人が参加する会議の場合は、特に注意しなくてはならないのが会場です。
使用する設備や資料などであれば、短時間で調整したり修正することも可能ですが、大人数を収容できる会場は、簡単に用意したり準備することはできません。利用する会場は会議の数週間前から関係者に告知しなくてはなりませんので、計画的に会場を選定し決定することが大切です。多くの人が収容できる会議室となると、所有していない企業も多く、そういった際には貸し会議室を利用する場合もあるでしょう。
貸し会議室は、収容人数が数十人から数百人規模のものもありますから、大規模な会議でも問題なく開催することができます。会議に必要な机や椅子などの備品も用意されてるので、人数分の備品を新たに購入する必要がありません。不定期で行う大きな会議のために、設備や器具などを用意しておくことは、資金に余裕のない企業などにとっては大きな負担となります。そういった点からも、必要な時だけ使える貸し会議室は、大変使い勝手の良い施設となっています。

会議以外の使い方もできる


貸し会議室は、大人数での会議をする際に便利に利用できるだけではなく、パーティーや新年会、会社説明会、採用試験などにも利用されています。パーティーや新年会などのイベントを開催すると決まった時は、まず飲食店の利用を考える人が多いですが、人数が多くなるほど利用できるお店は少なくなってしまいますし、全員が集まれるスペースを持ったお店となると限られてしまいます。単に関係者が集まって飲食するだけになってしまうと、わざわざ多くの人たちが集まる意味がなくなる場合もあります。
貸し会議室は、人数に応じた会場を選べば、たくさんの人が一堂に会しても余裕のあるスペースが確保できますし、イベントに必要な設備や機材なども用意することができます。事前に貸し会議室を運営する会社と打ち合わせをしておけば、イベントを盛り上げる演出をすることも可能です。
会社説明会や採用試験、株主総会などの重要な行事をする際にも、貸し会議室は役に立ちます。少しずつ来てもらって会社説明会や採用試験を行うこともできますが、それでは対応するスタッフの手間が大きくなってしまいます。人数が多くなると、スケジュールを管理したり連絡するだけで、他の仕事ができない状態となるので問題です。しかし、大きな会議室を借りて、一度に大人数を集めて会社説明会などをすれば、スタッフの負担を軽減できます。
株主総会に関しては、どうしても人数分の席を用意しなくてはならないので、大人数が収容できる貸し会議室は便利です。ただし、株主総会を開催する日時は集中する傾向にあるので、早めに予約しておかないと、使えなくなる可能性が高いので注意しましょう。

貸し会議室を利用する時の手順


貸し会議室を利用するには、まず空室状況を確認しなくてはなりません。WEB上から空室確認と予約ができるところが多くありますが、それ以上の詳しい状況を知りたい場合は、運営する会社に電話などで問い合わせをする必要があります。
大人数で利用するのであれば、会場の見学もしておくべきです。小さな失敗でも、会議やイベントに与える影響が大きいので、実際に会場を見ておいて、間違いのないようにしておくことは大切です。会議室の内容に問題がないようであれば、仮予約や本申し込みをしますが、その時に予約金として決められた金額を支払うのが一般的です。予約や申し込みをした日時に、会場を使うための準備をしますが、もしもキャンセルすることになった時は、できるだけ早めに連絡を入れなくてはなりません。運営する会社によって規定は異なりますが、一般的には早くキャンセルするほど、キャンセル料は少なくなります。使用日が近くなるとキャンセル料が使用料の全額となることもあるので注意しましょう。
予定した日時になったら、決められた時間内だけ、会場を使用することができます。後片付けをして、運営側のスタッフが確認してから退出するまでが、利用した時間となりますから、時間に余裕を持って会議やイベントなどを終了するようにします。会議室を使用すると、利用残金、時間外料金、追加サービスなどを計算して請求書が発行されるので、所定の期限までに料金を支払います。このような手順で、大人数が収容できる会議室を利用することができます。

大阪で貸し会議室をお探しの方はこちら

#